包茎手術の痛みは強いのか?

ロゴ
トップページ
<完全無痛のクリニックを探す>
薬を飲むだけで包茎が治るのであれば、誰も悩む必要はありません。 ペニスにコンプレックスを抱きながらクリニックに行かないのは、手術に抵抗があるからでしょう。 デリケートな部位にメスを入れるのですから、怖いと思うのは当然のことです。 実際の体験者の話によると、昔は相当に痛いと言われる方が多かったです。 粘膜にメスを入れるわけですから、麻酔をしてもかなりの痛みを伴いました。 現在は麻酔の技術も向上しており、以前とは比較にならないほど痛みは弱くなっております。 麻酔注射をする際は痛みを感じますが、チクッとする程度の痛みであり、大人ならば問題なく我慢できるでしょう。 無痛を望むならば、「完全無痛」のクリニックを選ぶといいでしょう。 マスクを使用した麻酔を導入しているクリニックもあり、麻酔で眠っている間に手術が終了するので、まったく負担がないと評判です。 完全無痛のクリニックを探すときは、本当に完全無痛なのかチェックしておくことが大切でしょう。 完全無痛と微痛はまったく違うものですが、微痛でも完全無痛を謳っているクリニックはあります。 後遺症を残さないためには、実績のあるクリニックを選ぶことが大切です。 包茎手術には健康保険が使えませんので、患者の自己負担100%となるのです。 つまり、クリニック側としては非常に利益率の高い治療であるため、多くのクリニックが参入しているのです。 多くのクリニックから技術の高いところを探すには、医師の年間執刀数を調べるのが一番です。

<包茎はガンになりやすいのか?>
包茎について真偽が定かではない幾つかの噂があるのですが、その噂の中でも代表的なものは、包茎とはガンになりやすいということです。 包茎であることによって、陰茎がん、子宮がんを引き起こす原因となってしまうという話なのですが、この噂は本当なのでしょうか? 端的に書いてしまうと、陰茎がんについては包茎であることとの関係は否定することは出来ないと言われています。 対して、子宮がんですが、こちらは包茎であることと直接的な関係はありませんが、間接的には関係があるかもしれないとされています。 とても曖昧な書き方になるのですが、いずれにしても無関係ではないと言えます。 陰茎がんについてですが、これは陰茎がガンになってしまうことを指していて、日本ではかなり珍しい部類に入る病気だと言えます。 陰茎がんについては包茎が原因の1つではないかとされており、日本人の場合は軽度の仮性包茎も含めると3人に2人は包茎と言われているので、注意しておいて損はないガンかもしれませんね。 しかし、包茎だからと言って、必ずしも陰茎がんになる訳ではありません。 では、どうして包茎だとガンや病気になりやすいとされているのかと言いますと、包茎が原因で陰茎が不衛生になってしまう傾向があるからです。 亀頭が包皮にすっぽりと包まれているタイプの包茎の場合、包皮の内側と亀頭の間に恥垢と呼ばれる垢がたまってしまいます。 この恥垢が雑菌を繁殖させる温床となっていて、悪臭を放つ原因ともなるのですが、現在のところ包茎と陰茎がんについて医学的な因果関係は立証されていません。 対して、子宮がんについてですが、子宮がんと言えば、ワクチンの接種が一般的になってきている子宮頸がんを思い浮かべる人が多いかもしれません。 子宮頸がんとはHPVというウイルスによって発症するもので、包茎とは直接的な関係があるとは言えません。 しかし、恥垢がたまっているとそこがHPVの温床となってしまうこともあるため、そのような男性と性交渉を行うことによって、子宮頸がんを発症してしまう可能性があるとされているのです。



Copyright(c) 包茎手術の痛みは強いのか?. All right reserved.